若かりしオーブもモデルしてます探してみてね目 とってもおしゃれなドッググッズshopですひらめき

2015年11月16日

アニマルコミュニケーション♪の記録

昨日は、オーブの初めての月命日。

お花を買いながら、お花より、お芋のがよかったかななんて思ったり

今のうちに、オーブの記録ちゃんと残そうって思い・・・

大切なメッセージをくれた体験をお話しします

image.jpg

昔、縁あって、アニマルコミュケーションができる方に出会うことができました。


はじめてお会いしたのは、2013年の春だったかな?

ろくが、迷い犬時代から患っていたフィラリアにより、15歳頃、心臓が悪さし始めた頃。

お薬を、拒絶し始め、でも気分が悪そうで・・・。

入院して点滴という選択肢も迫られ。

でも、我が家でろくを想う気持ちは、助けたい。

でも、ろくの思うようにしてやりたい。

入院はしたくないだろうな・・・

どぉ〜してあげたらいいかしら・・・と。

そんなころ、志村動物園でハイジを見ていて、話がきけたらな〜なんて言っていたら。

たまたま、姉が、こんな人いるみたいよ〜と紹介してくれたのがきっかけで。


ろくの放浪時期のことも気になっていたし、とりあえず行ってみよ

ってな感じで。

image.jpg

東京でのカウンセリングだったので、オーブとろくの写真を持参して。

母と、ドキドキわくわくしながら


まぁ〜おもしろい、というか、すごいなぁに尽きる。

なんで、わかるの〜!?って感じで。

いろいろお話がきけて、ろくの高次元の感じにあっぱれだったり。

ろくは、はっきりと示してくれました。

「入院したくない!!!」

「僕は死を受け入れている、なにも怖くないんだ」

「お薬もいらない。それで僕の体は変わらない、これは宇宙の原理だから」

「高いお薬、いらない。そんなことにお金をつかわないで」

「自分で治せるし、みんなも老いや死を受け入れて」

「肉体はなくなっても、魂は永遠だから」


彼女が言うには、ろくはとにかく「楽♪」「幸♪」しかないと。


これが聞けて、ほんとに嬉しかった

ろくの人生経験には、オーブも、かなわないやって、一目置いてたんだって


この後、母もすっきりし、ろくの嫌なお薬も飲ませず、ろくが食べたがるものだけ食べさせて・・・

本当に、幸せな残りの時間を過ごすことができ、最高のお見送りができました。

ろくも家族も、悔いのない温かな旅立ちでした。

image.jpg

この時、オーブのことも聞いていました。

オーブは、私の頭痛をとても心配してくれていたようでした。

また、嫁入りにつき合わせるけどいいかな・・・という問いにも、快く答えてくれて。

オーブの子供への愛は、前世からの影響もあるようで。


オーブの前世は、戦争中のドイツの軍用犬だったそうです。

ただ、とても優秀なのに、人を攻撃するという訓練だけどうしてもできず・・・。

人がすきだったオーブは、噛むことができず、落第してしまったそうです。

人を噛めずに軍用犬失格になり、優秀だったプライドも傷ついたようです。

ただ、幸いにも、子供の多い、一般家庭に引き取られ。

傷ついた心も、戦争中という荒んだ生活の中でも、子供たちと過ごすことでとても癒されたそうで。

オーブらしいなぁ〜

その影響もあって、現世でも、大人には媚びないけど、子供は好きなオーブのようです


あとね、オーブはね、厳しい訓練嫌いだったんだって。

過去の影響もあるんだと思う。

学生時代、私が喜べば楽しかったけど、厳しい訓練は好きじゃなかったんだって。

うん、それは感じてた。


これはね、オーブからの、私の胸に刻まれたメッセージ。

「厳しい訓練じゃなくても、人と犬はもっと仲良くつながれる」

「あなたには、それができる」

って。

一緒に乗り越えてきたオーブの言葉だから、すごく染み渡って。


犬と子供。そしてこのメッセージ。

そのころから、抱いてた目標、それにどんぴしゃにくるメッセージでね。

オーブの願いと、自分の願いがつながって嬉しかった


犬って、ほんとに、飼い主のこと、よく見てるんですね。

そして、飼い主以上に、飼い主のこと、わかってるんですよね


これが、第一弾、簡単にまとめるとこんな感じでした


第二弾へ、つづく・・・




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 14:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

犬に名前をつける日。

先日、「犬に名前をつける日」を見てきました

pic_topimg_sp_0905.jpg

まぁね、案の定ね、最初から泣きっぱなし

オーブとの今までと、新たなパートナーとのこれからを想うと。

いろんな言葉、いろんな感情が染み渡る今日この頃でして



愛護センター、安楽死。

そんな優しい言葉とは正反対の現実。

学生の頃、東京都の愛護センターを見学に行ったことがあります。

授業で見たもがき苦しむ安楽死の映像も、しっかりこの目に焼き付いております。


愛護センター、何とも言えない、空気。

犬たちの叫びが響き渡っていて。あの子たちのまなざしは、今もはっきり思い出す。


私、思うんです。

小学校で、中学校で、親子で、社会科見学で。

この現場を、見せるべきじゃないかなって。


安易に飼って、安易に捨てる大人にさせないためにも。


海外旅行に行くのに困るからと、捨てに来る人がいるそうです。

捨てる親の横で、平気でゲームしてる子供がいるそうです。

親が、平気でしてること、子供が悪いと思うわけないもんね。


つらい現実だけど、子供には酷なことなのかもしれないけど。

でも、命の勉強。

ゲームのように、リセットしてはいけないということ。


行けば必ず感じる、あの子たちの悲痛な心。

ちゃんと感じて、知ってほしいな。


そもそも、この映画こそ、たくさんの劇場で、たくさんの親子に見てもらいたいのに。

やってる劇場が少なすぎてねぇ


映画の中で、ちばわんの代表の方が、里親希望者の方に、厳しくも正しい判断をされる場面があります。

「あなたにはもっと小さな犬の方がいいですよ」


でもね、厳しくなきゃいけないんですよ、命なんだから。

ペットショップのすべてがわるいわけじゃないし、ペットショップを否定するわけじゃない。

もちろん、ペットショップで運命の出会いをする方々も多いし、それは素晴らしいこと。



ただね、そうじゃない、現実もあるということも知るべきだよね。

悪質なブリーダーの存在。

ペットショップの表と裏。



でも、なによりも、売るときに、正しい情報と判断をしてほしい。

ペットショップで、むしろそーゆー判断をしてお伝えするべきなのに。

お散歩はしなくても大丈夫ですよ〜・・・そんな犬いるわけないのに。

飼いやすいですよ・・・いやいや、犬種と飼われる方のライフバランス見て言ってる?

売る側が、きちんとした情報を伝えられないのがそもそも・・・。


やっぱり無理でした〜じゃ済まされないのに、それがまかり通るってんだから腹ただしい。


まぁね・・・こーゆーことに関しては、みんな腹立ってるし、言い出したら何ページかかるかわからないのでこの辺で・・・。

と、言う自分も何もできていないし、何もしていないから、えらそうなこと言えないけどね


私がこのブログを通して、最期まで一緒にいること、最期まで愛せることの幸せを、ほんの少しでも伝えられていたら、嬉しいなと、改めて思いました。


いろんな保護団体さんや、いろんな活動をされてる方々がいます。

もちろん、ほんとにいろいろだから、これも、賛否両論はあるんだろうけど。

でも、命のために、自ら動いている人たちがいる。


ろくが教えてくれた、保護犬の素晴らしさ。

血統がなんだ!雑種は強い

氏より育ち。

犬は、愛情で変わるということ、そして、かけた分以上の愛をくれること。

純血種も、雑種も、そこはみんな一緒


もちろん、飼いたい犬種、あこがれの犬種、あっていいと思います

ただ、もし、犬を飼いたいと思ったら。

頭の片隅に、保護犬、という選択肢も入れてほしいなって思うのです。



改めて、形は違えど、自分のやりたいこと、やるべきこと、将来の夢。

もう一度、「忘れないで!」と胸に刻めた気がします。


オーブと出会い、オーブから教わり、オーブが願ってくれたこと。

image.jpg


この芯だけはぶれずに、生きていきたいと。


そう気づかせてくれた映画でした

image.jpg

みなさんも、ぜひ、観てくださいね〜






にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 17:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

もうすぐ・・・

おひさしぶりです

段々寒くなってきたなぁ〜。

去年の今頃は、犬連れゴルフに行ったな〜

紅葉めぐりで、いろんなとこ行ったな〜

なんて、思い出しては、あったかくて、きゅってなる今日この頃

気づけば、もうすぐ、オーブの初めての月命日ですねぇ。

image.jpg

オーブとお別れして、もう一か月。

というより、まだ一か月!?って感じかなぁ〜

オーブが旅立ってから、数日で、不思議と、すごく昔のことのように感じられて。

この感覚はなんじゃろか?と。

image.jpg

オーブはきっと、私の心のふかぁぁぁぁぁいとこの、ど真ん中にいる

なんか、ものすごい安心感に包まれて。

寂しくないわけじゃないけどね。

寂しくないの


いろいろと、オーブが私のためにくれた最高のプレゼントの温かさを感じながらね

image.jpg

きっと49日までは、お空とこっちと、いろんな用事で忙しいだろうけど・・・。

少しは自分のために、遊んでおいでね

image.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

オーブからのメッセージ!?

オーブは、あの手この手を使って、私にメッセージを送ってきてくれます。

オーブがいなくなって、半月が過ぎ。

でも、この半月の間にいろんなことがあり、いろんな想いがあり。

おもしろいくらいに、いろんなことを伝えてきてくれてる

image.jpg

今日は、たまたま見てた携帯のアプリニュースで。

いつもは見ないのに、下の方までスクロールしてたらね。


「犬の遺言」ってのが出てきまして。



人間は死ぬとき遺言を書いて、
愛する人に全てを残すという。
ボクにもそういう事ができるなら、
遺言書にはこう書くよ。


可哀想なひとりぼっちの野良犬に
ボクの幸せなお家を譲ります。

ボクのフードボールや豪華なベットも
柔らかい枕もオモチャも
大好きな(飼い主の)膝の上も
ボクを優しく撫でてくれるその手も、優しい声も
今までボクが占領していたあの人(飼い主)の心も
あの人(飼い主)の愛も・・・

ボクに穏やかな最後を過ごさせてくれたその場所を
ボクをギュッと抱きしめてくれたそのぬくもりも

ボクが死んだら

「こんなに悲しい気持ちになりたくないから、もう2度とペットとは暮らさない。」

って言わないで。

その代わりに、寂しくて、誰も愛してくれる人がいない犬を選んで
ボクの場所をその子にあげてちょうだい。

それがボクの遺産だよ
ボクが残す愛・・・それがボクが与えられる全てだから。



もうね、笑っちゃいました

タイミングと、メッセージが、今にどんぴしゃすぎてね

あたしが、なげかけた問いに、ちゃんと答えてくれたのねって


間違いなく、オーブからのメッセージだって、確信。


いろんな点が、繋がっていく。

いろんな形で、教えてくれる

image.jpg

あとね、不思議な伝手で、教えてくれました。

オーブね、あと一つ、なにかやらなくちゃいけないことがあるんだって。

それをやったら、お空に行くんですって。

そのなにかは、教えてくれなかったみたいだけど・・・

それがなにかは・・・もう、だいたい検討はついてるんですけどね

image.jpg

つくづく、思う。

オーブは、ほんとに面倒見のいい子だわ


今度改めて、いろいろ書こうとは思っていますが・・・。

亡くなってからも、私のためにも、親友のためにも、大忙しみたい



昔も今も・・・

私が面倒見てたんじゃなくて、私がオーブに面倒見てもらってたんだな〜

お恥ずかしいかぎりです


彼女は私の誇り


そぉ思える出会いに、心から感謝感謝




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 16:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

おすすめ本

今日は、おススメ本のご紹介

先日、心友に勧められて読んだ本。


「犬の気持ちがもっとわかる本」

image.jpg


犬の気持ちがもっとわかる本 獣医が伝えるアニマルコミュニケーション

新品価格
¥1,404から
(2015/11/4 16:38時点)





アニマルコミュニケーションを通じてのお話で。

スピリチュアル系?といおうか。

実は、私は身近にスピリチュアルな人がいたりして、そーゆーの抵抗がないというか・・・

すんなり受け入れる派なんですが

そもそも、犬も絶対、心わかってるし、話せてる気はしますよね

私は昔から、一つだけ魔法をくれるって言ったら、動物と話せる力がほしい!!

と思うほどでした

image.jpg

実は、私も、オーブとろくの件で、昔、アニマルコミュニケーターの方と出会い

何回か、オーブのことも聞いたりしてね


そーいうこともあって、オーブの死ときちんと向き合えたのかもしれない

image.jpg

信じる信じないは、人それぞれですが・・・。

この本は、愛犬と向き合うのに、とても大切なことが書いてあると思います

すぐ読めちゃうから、興味のある方はぜひ

image.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

お空は広いね〜♪

段々と冷え込んできましたね〜

寒い時は、おーちゃんにぎゅーさせてもらってたなぁ〜なんて思い出したりして

image.jpg

最近は、前にもまして、お空を見上げることが増えました

オーブ、お空はとてつもなく広いね〜

いーーーーーーーーっぱい、どこまでも走れるね


倒れるまで、フリスビーやボール遊びしてるかな

(・・・だれがフリスビー投げてくれるんだろ?・・・なんて気になったりして笑)

お空を見上げる回数分、上を見て元気もらってるよ〜ん

image.jpg

最近は、なにかと気持ちだけは忙しく動いてるので、おかげさまでバタバタ過ごしております

うきうきすることもあったりで、気も張ってるから日々楽しいんだけど


ふと、運転中に流れてくる曲で、号泣したりもします

「笑顔」もだけど・・・

秦基博さんの「ひまわりの約束」・・・これやばいっす


前にお友達に、「この曲きくと、ひまわりだからほっちゃん思い出す〜」

って言われてきいたのがきっかけで。

これ、ドラえもんの映画かなんかの音楽なのかな?

今まで普通に、好きだな〜って聞いてたけど。

image.jpg

今日、この曲がやけにダイレクトに心に沁みこんできやがりました


私からオーブへ。

オーブから私へ。

そんな想いに感じられて


「笑顔」に続き、「ひまわりの約束」。

これもメッセージソングだったみたいです


そして改めて想う。

オーブへ私が想う気持ちと、オーブが私へ送ってくれてる想いは、重なってるんだなって

同じバランスで、同じ想いでいられてる気がした、今日この頃

image.jpg



皆さんも、愛犬を思い浮かべて、ぜひ聞いてみてね

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

長生きの秘訣!?

先日、「ずっとずーっと大好きだよ」っていう絵本を読んで、気づいたの

image.jpg


そぉいえば、私、若いころから、毎日かかさず、オーブに伝え続けてきたこと。

毎晩、寝る前に・・・

「今日も生きててくれてありがとうそばにいてくれてありがとぉ。オーブがいて幸せだよ。宇宙で一番大好きだよ

必ず、そう伝えてチューをしていました


主人にもこんなこと言わないのにね

image.jpg

毎日、これだけは欠かさずに。


そしたら、先日、ホンマでっかTV!?で言ってたの


image.jpg


毎日、自分は生きている価値がある、生きている意味があるとおもうだけで、生存率があがるとかなんとか・・・

(正確な言い方は覚えてないけど、そんな感じのこと言ってました


もしや・・・

私の、毎晩の念仏がよかったんじゃないの〜なんて


image.jpg

まぁ、それが作用したかしないかは別として・・・

犬だから、わかってくれてるってのは、思い上がりよ


やっぱり、口に出して伝えるってのは、犬にも大切だし、自分にもその気持ちが返ってきていた気がします


image.jpg

もしかしたら、長生きに作用するかもしれないし

みんな、「かわいいね〜お利口だね〜

ってのは、毎日言ってると思うのですが・・・。


「今日も生きててくれてありがとう。」

は、なかなか言ってないかもしれないですよね


image.jpg


言うはタダだし、お互い幸せな気分になるから、ぜひぜひ





にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 17:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

犬の時間軸

私が、オーブと暮らして。

よく思っていたこと。


犬時間。


よく、犬は人の5〜7倍の速さで歳をとるっていうから。

一分の価値も、一瞬の価値も、犬の方がすごく濃いんじゃないかなって。

いや、濃さは同じなのかもしれないけど・・・

犬の方が、その一瞬一瞬を、大切に想ってる気がして。


私たちが、「今度ね♪」って、週末をさす感覚って、

犬からしたら、1か月2か月先くらいの感覚になるのかな?


なんて思ったり。


間違いなく、犬の寿命のほうが確実に短い。

いついなくなっても、おかしくない。それは、人間もだけど。


きっと、私たちが思う一時間は、犬にとっては数時間なんじゃないかななんて。


自分の時間と同じように、犬と向き合う時間を、心を込めて大切にしてほしいと思うのです。


それは、出かけるとか出かけないとかじゃなくて。



毎日、犬と「心」が、向き合う時間を大切に生きてほしいと。


オーブから、教わったような気がしてなりません







にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 17:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする