若かりしオーブもモデルしてます探してみてね目 とってもおしゃれなドッググッズshopですひらめき

2017年06月20日

魔法使いオーブ

今日はオーブのお誕生日

オーブがいない、二回目のお誕生日ですが。

今でも、とってもとっても大切な日大好きな日

おーちゃん、今日くらいは、ごちそう食べに帰っておいで

IMG_5731.JPG


今日は、久々にPCに向かう気になったので。


魔法使いオーブのお話を


生前から、私の願いをたくさん叶えてくれたり、何度もオーブに救われてきた私ですが。

オーブが天使になってから、より一層心強く、守られている気がします


「オーブが守ってくれている」そう強く確信した出来事のお話


オーブの一周忌を一か月後に控えた、昨年9月のこと。

二度目の妊娠が判明したのでした

実は私は、2014年の6月に一度流産しており、その後はオーブの介護もあり、子供どころではありませんでしたが。

オーブを見送り、ニコも落ち着いたころに宿ってくれた命に、感謝と感激と・・・少しの不安と。


喜びもつかの間、2回目の検診で早くも、雲行きが怪しいと・・・


そんなはずなぃと、病院を変え、主人にも付き添ってもらい、何度も検診に通うも・・・

「育っていない・・・残念だけど・・・」

2度目の「流産宣告」でした


妊娠判明から、約1か月・・・喜び、不安、希望・・・抱えきれない想いを、家族が一緒に支えてくれました


前回と違ったのは、育ってる実感もないものの、流産の兆候がまるでなかったこと。

腹痛や出血もなく、「だめなんだ」ってことを、実感できないまま。

前回は、自然流産でしたが、今回は、私の大嫌いな「オペ」「入院」

手術の日取りは、幸いにも、オーブの一周忌の10月15日は家で迎えることができるように、週明けの17日と決まりました。


日が近づくにつれ、流産の恐怖に加え、簡単とはいえ、病院嫌いの私がオペということで、恐怖は倍増


前日までは、やけくそで、「オペの保険金で、気晴らし旅行行くもん」と、なんとか耐えていたのですが・・・。

数時間後に控えたオペへの恐怖に耐えかねた私・・・。


「困った時のオーブ頼み


「オーちゃん、帰ってきてるでしょ〜お願いなんとかオペ回避したいよ〜助けて〜


夜、眠りにつく前に、お願いしまくった私。とはいえ、安定してる体調、出血も痛みもなし。


しかぁし、なんと、なんとなんとっ


お願いしてから、3時間後の、夜中の3時。

お腹と腰の激痛で、目覚め・・・おや、前回同様、これやばいや〜つ


結構な出血と、意識遠くなる痛み・・・まさか?

2時間ほど耐えて落ち着きましたが・・・。


むむむ?とな


朝、予定通り、病院へ向かい、診てもらうと。

「う〜ん、もういないよ、ほぼ完全流産だね、オペしなくていいよ」とな


流産の悲しみは、ひとまず置いておいて・・・

オーブのすごさに、笑っちゃいました

ぎりぎりセーフで、願いを叶えてくれたよと

オーブ以外の何ものでもないじゃんと。


IMG_6019.JPG


私のことはなんでも知っているオーブ。


「痛い」「病院」「注射」「入院」怖いの大嫌いなの知ってるから。


私が悲しみのどん底でも、少しでも希望が見えるようにって、ね。


わかりやすく、「あたちが、いつもそばにいるよ」って、教えてくれたね


私にとって、2度目の「一番つらい日」を、少しだけ、幸せな気持ちで思い出せるようにと。


オーブが魔法を使って、私を助けてくれた日となりました。


オーブは、「大丈夫、あたちが天使になったんだから、何も怖くないよ」と、教えてくれました


IMG_8212.JPG


ただの偶然とも、私の脳が・・・とも取れる出来事かもしれませんが。

私たち家族にとっては、まぎれもなく、オーブと赤ちゃんたちが、私への愛を表してくれた出来事なのでした


本当に、オーブは、どこまでもどこまでも、私を支えてくれてるんだなぁ〜



オーブの愛は、どこまでも深い・・・

生前も、天使になってからも・・・変わらない大きな愛を感じている毎日で



オーブがいない、2回目のバースデーだけど。

さっき、うろついてる気がしたよ


今日は、オーブのために、朝からホットケーキとプリンを作ったよ


夜は、お肉焼いてあげるから、ピーピーお鼻慣らして、くださいなって言うんだよ



まだまだたくさんお空で遊んできていいから・・・

今日くらいは、我が家で、みんなでゆっくりしようよ


おかえり、オーブ

お誕生日、おめでとぉ

IMG_5921.JPG




にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほっちゃんさん お久しぶりです。
オーちゃんの顔が見たくなる時があったまにやって来ていたんだけれど、いつの間にか更新が...。

ほっちゃんさん辛い思いをされていたんですね。言葉が見つからず、オーちゃんがまた助けてくれたってところでもうボロボロ目からシズクです。

絶対オーちゃんですよ、オーちゃんありがとう。
ほっちゃんさん身体を労わって過してくださいね。

私も報告があるんです。オーちゃんの誕生日1日前にうちにGシェパを引き取りました。
一月前に飼い主が死亡して行き場の無い子だけれど、可愛がられていたそうで...。
可愛がるって人によって意味が違うんだなと思いました、あまりにボロボロで。
特に外耳炎が酷くて難聴になってて、今は週一の医者通いで少しづつ改善してきています。
柊(しゅう)って言います。5歳男子。

オーちゃんのように穏やかで、訓練なんかしなくても優しい家庭犬でいられるシェパって居るんだなーと羨ましく拝見していましたけれど、来ました!我が家に!そういう子が!
拍子抜けするぐらいまったり可愛い子です。
それに先住の瑠璃アネサンがこれまた拍子抜けするぐらい柊に優しくて「いつものようにイッペンシメておかなくて良いのか?」と私は独り言。
相手が変わればこうも違うかと思っています。

ほっちゃんさんのニコちゃんもいろんな面でぐんぐん成長してくれてるみたいですよね。
いつも犬に教えられ助けられている人間の私たちですが、この際犬たちのご好意に甘えて生きていきましょうよ、と思います。

ほっちゃんさん、ほんとに自分の身体と心を労わってお過ごしください。
Posted by はるり at 2017年08月05日 08:44
はるりさん

今でもオーブを想ってくださる方がいてくださることに・・・私もオーブも心からうれしく思っております。
幸せだなぁ〜〜〜泣

柊君、いいご縁に恵まれましたね。はるりさんの息子になれるなんて、幸せ者です♪
「可愛がる」って、その人によって違うのでしょうが・・・はるりさんの愛情なら、柊君も飼い主を亡くした悲しみやお耳の痛みも、心身ともに癒され、新たな犬生を力強く歩むことができますね。
まったりシェパさん・・・いいなぁ〜〜〜〜♪我が家も、いつか、準備ができたときに、シェパとご縁があればいいなぁと思います。
今はにことゆっくり歩んでいこうと思います。
はるるさん、いつも温かく見守ってくださり、本当にありがとうございます。
はるりさんも、お身体にはくれぐれもお気をつけて、新体制の生活、楽しんでくださいね♪
Posted by ほっちゃん at 2017年08月08日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック