若かりしオーブもモデルしてます探してみてね目 とってもおしゃれなドッググッズshopですひらめき

2016年10月15日

もう、一年。

早いものですね〜。


本日、オーブ一周忌。

もう一年たったのか〜???嘘みたい。


10年前のことも、5年前のことも、1年前のことも・・・

オーブのことは、鮮明に覚えているから


まだ、オーブが旅立ったのが昨日のようにも思えるくらい。


去年の10月12日は、オーブと行った最後のピクニックだったの。


image.jpg

今年も、おんなじような気持ちいいお天気で。

image.jpg

にこと、水元公園行ってきたんだ

image.jpg


オーブを想いながら、満喫して。

休もうと腰かけたベンチは、思えば去年と同じ場所だったの


一年かけて・・・ようやく、昨日、撮りためまくってたオーブの若かりし頃の写真のデータを開けてみた。

CIMG0708.JPG

全部昨日のことみたいで、おかしくって笑っちゃうことばっかりで。

オーブの笑顔が溢れてて・・・。

どれほどの笑顔を、この子に向けてもらっていたのかを痛感



毎日オーブの写真見て、毎日話しかけてるから、あんまり実感ないけれど。


やっぱりたまに、無性に、会いたくなるんだよね〜。

ぎゅーーーーーーーーーーーってしたくなる

image.jpeg


ふいにテレビや、どこかから、「ひまわりの約束」が流れようもんなら・・・

自動で涙が溢れたり



今は新たな相棒と、日々楽しく過ごしてはいるけどさ〜


たまには、会いに来てよね〜夢でいいからさぁ


昨日は、オーブとよく行った河川敷をお散歩しながらふと思った。


引っ越してきたころは、当たり前にグイグイ元気に駆け上ってた階段だったんだよねって。

いつのまにか、足腰弱くなって、自力で上がれなくなって・・・

いつのまにか、当たり前のように、抱っこを喜んでいたけど


image.jpg


そんな当たり前の日常が、少しずつ少しずつ変化していってたんだな〜


今では、あのにこが、グイグイ引っ張りながら、階段を駆け上がる。

IMG_7808.JPG


オーブと歩いた、よちよちペースが懐かしいほどに・・・

ニコが、グイグイ引っ張り、早い早い。

ただ、今は、それがまた心地よい・・・


「落ち込んでる場合じゃないよ!」「ほら、来て来て」って。

私を前に運んでくれてるのは、まぎれもなく、にこなのでした

IMG_7807.JPG

オーブにも、こんなやんちゃな時代もあったな〜なんて想いながら。



語りだしたら、やっぱり止まらないくらい。

ま〜だまだまだ、私の中には、オーブが溢れているのだ



もう一年。まだ一年。


ニコと暮らしながら、オーブを想いながら、あっという間の一年でした



きっと、まだまだこの先も・・・

ニコに引っ張られながら、オーブに背中を押してもらいながら・・・。


ニコに笑わせてもらいながら、旅立った愛犬たちに守られながら・・・。


泣き虫ほっちゃんは、にことオーブとろくとピチの、世話になるよ


いつまでも面倒かけて悪いね〜


ずっとずっと、一緒だよ


今夜は、夢で逢えますように・・・


改めて・・・オーブ、心底、大好きありがとう




にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 01:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーちゃん、こんなに素敵な笑顔をありがとう。
もう一年ですか、ほんとに昨日のことのようです。
にこちゃんもありがとう。名犬への道のりをゆっくりと見せてもらって楽しませてもらっています。

今私は、ラブの佐之介(推定14〜15歳)のオムツ交換をするようになって半年を過ぎました。
今まで見送った子はあっという間に逝ってしまったので、こんなにゆっくり生きてくれるって、これはまたこれで教えてもらうことがいっぱいです。

私の住む所は山形市内の山間部
(夏に新居に引っ越して、空気は綺麗だし山も見えるし星もいっぱいだし広いドッグランも作れるし〜と喜んでいたら、ドコモの電波が微弱で苦情を言い、サンカンブですから...と言われてショックだったりしたのですよ)
なので冬が早く、ストーブに着火しました。
ほっちゃんさんも元気で冬を乗り切ってください。
Posted by はるり at 2016年10月17日 11:28
はるりさん

ありがとうございます^_^1年て、本当にあっという間ですねー。

さのすけさん、オムツ姿なのですね。老犬と過ごすゆっくり穏やかな時間は、ほんとに今思い返しても、最高の宝物でした。
お引越しされて、最高の環境で穏やかな時間を過ごせるさのすけさんは幸せですね^_^広いドッグラン、綺麗な星空、綺麗な空気!!もーうらやましぃ♪
いつかはにこにもそんな暮らしをさせてあげたいです♪
もうストーブ生活なんですね!
気温の変化も厳しいですし、くれぐれもご自愛くださいね^_^
今年はにこと雪遊び!を目標にしたいと思ってます♪
Posted by ほっちゃん at 2016年10月17日 12:20
初めまして。
犬用の靴を探していて、ここへ辿り着きました。
雄のシェパード(9才)がヘルニアらしく、後ろ足を引きずって歩きます。保護靴を一つ買ってみましたが、すぐに脱げてしまい、まともに使えません。
お使いの靴(メーカー名とサイズ)を教えて頂けませんか?
宜しくお願い致します。
Posted by レオ at 2016年10月24日 16:32
レオさん

こんにちは^_^シェパさんがヘルニアとのこと…心配ですね。
オーブが使っていたのは、今は少し新しいバージョンになっているようですが、このタイプでした↓

犬服one's
http://item.rakuten.co.jp/oneandonly/kutu58188/

こちらのショップで購入したと思います。

ただ、オーブも後ろ足をずって歩いていたので、靴も多少回転したりずれたりはありました。ちょこちょこ直したりしながら歩きました笑

レオさんのシェパさんに合えばいいのですが…。

大型犬のシューズとなるとペットショップにもなかなか置いてないので出会うのが難しいですよね。

少しでもレオさんのワンちゃんが快適に過ごせますように。
Posted by ほっちゃん at 2016年10月24日 18:43
お返事有難う御座います。
参考にさせて頂きます。
残念ながら歩行すら困難な状態にまで悪化してしまいました。
明日CT撮って鍼灸治療を開始しようと考えています。
車椅子が必要ですね。
オーブちゃんの様に天寿を全う出来る様に介護を頑張ります。
有難う御座いました。
Posted by レオ at 2016年10月29日 01:30
レオさん

シェパさんの様子はいかがでしょうか。
歩行困難な姿を見てるのは飼い主としても心苦しいですよね。
でもきっと、シェパさんは、レオさんの、なんとかしてあげたい!というお気持ちが嬉しいと思います^_^
犬は今を懸命に生きると教わりました。過去を嘆いたり、未来を憂いたりせず、今を楽しく幸せに。
きっとレオさんの気持ちに応えたい気持ちでいっぱいだと思います。
車椅子でまた動き回れるようになるといいですね♪
姿は見えないですが、わたしも祈っております^_^
Posted by ほっちゃん at 2016年11月01日 10:23
お返事有難う御座います。
11月4日にMRIを撮りましたが、残念ながら翌日から容体が悪化し、昨日の日曜日に病院へ搬送中に心肺停止になり、病院にて救命措置をして頂きましたが、残念ながら蘇生する事は叶いませんでした。恐らくは進行性脊髄軟化症を発症していたのではと考えています。
本日、葬儀を済ませましたが暫くはペットロスに悩まされそうです。
ほっちゃんさんはどのようにしてペットロスを克服されましたか?
Posted by レオ at 2016年11月07日 18:57
レオさん

お返事が遅くなり大変失礼致しました。
この度は御愁傷様でした。
急な旅立ちだったのですね。レオさんの心痛お察しします。
でも、シェパさんは愛する人に見守られながら旅立てたこと、幸せに感じていると思います。
体の大きなシェパードですもの、歩けなくなって大好きな人に負担をかけたくないと、自分で旅立ちを決めたのかもしれないですね^_^親孝行な子ですね。

ペットロス、克服なんてしてません^_^
泣きたい時、涙が溢れる時には存分に泣きました。愛犬へのありがとうをいっぱい込めて。一年経った今でも、無性に恋しくてまだ泣くこともありますよ。
無理することはありません、たくさん泣いて泣いて泣いて、幸せをくれた愛犬にひたすらありがとうを送りましょう^_^
犬は飼い主さんが笑顔で幸せでいてくれることがきっとなによりの願いだと思います。

いきものがかり、の、笑顔という歌がメッセージのような気がして、よく聞いていました^_^
私の場合は、「犬の遺言」という文を通じて、オーブのメッセージのように感じ、幸い、ご縁に恵まれ、1ヶ月後には新しいパートナーが我が家に来ました。
それも私のペットロスの緩和にはかなり功を奏してくれました。
ただ、こればかりはご縁ですものね^_^

どのような形でもいいのだと。
レオさんのシェパさんは、ただただレオさんの幸せを見守っていることと思います。
レオさんの心が少しでも穏やかに過ごせることを願っております。
心よりご冥福をお祈りいたします。


Posted by ほっちゃん at 2016年11月22日 23:40
はじめまして。講談社の生活実用書編集をしております谷山ともうします。現在「老犬介護」本を作っておりまして、脚がたとえ立たなくなっても元気だったときと同じように愛犬をサポートされたご家族のノウハウを紹介するべく取材対象の方を探しております。
現在エントリーが決まっているのは我が家にいたスタンダードプードルの女子(享年17歳2ヵ月)、ラブラドールレトリバーの男子(享年推定15歳)、グレートピレニーズの男子(10歳)です。
取材の内容といたしましては
●食事介助
●排泄介助
●日常生活ケア(住居、寝床、カートなど)
●旅行やおでかけ、お散歩など
が基本軸です。
お忙しいなか大変恐縮でございますが、一度上記アドレスまでご連絡をいただけますでしょうか?
メールアドレスなどをいただけましたら、詳しい企画内容をおおくりさせていただきます。
Posted by 谷山 at 2016年11月28日 17:52
谷山さん

ご連絡ありがとうございます^_^
老犬介護のノウハウ、必要とされてる方にはとっても嬉しいものになりますね^_^
私もブログのコメントなどで、皆様に教えていただき、随分助けられました。

メールアドレスの記載がなかったため、連絡ができないのですが…。

Posted by ほっちゃん at 2016年11月28日 18:08
ほっちゃんさん

お返事有難う御座います。
お陰様でかなり落ち着きました。
そうそう、亡くなった子の名前がレオなんです。
紛らわしくて済みません。
やはりペットロスは中々克服出来ないですよね。
人の年齢に置き換えれば70代なのかもしれませんが、
我々からみれば僅か9才の子供が亡くなるのと同じ感覚
なのかもしれません。
もう少し早く異変に気付いていたら、呼吸が止まった時
もう少ししっかり人工呼吸をしていたら、とか
写真も1才半の時と棺に納まった時のものしか無く、
もっと撮っておくべきだったと後悔が尽きません。
この子が初めてでは有りませんが、突然のお別れは
かなり辛いものが有ります。

歌ですか。最近は何故か中島美嘉さんを聴いています。
「あなたがいるから」を聴くと何かうるっと来てしまいます。

もうすぐ月命日ですが、10日に新しい子を迎える事に
なりました。シェパではなくダルメシアンです。49日を
過ぎてからと考えていましたが、新しい子を迎えようと
探していた所、沖縄のブリーダーさんから売りに出して
いなかった子を譲って頂ける事になりました。
オーブちゃんの様に天寿を全う出来る様に育てていきた
いと思います。
写真を残す為にブログを始めようかな。

ニコちゃんとほっちゃんさんご一家のご健勝とご多幸を
お祈り申し上げます。オーブちゃんのご冥福も。
Posted by レオ at 2016年12月02日 00:35
レオさん

新しいご縁、結ばれたんですね^_^
きっと、レオくんが、繋いでくれたんですね。
自分がいなくなって寂しい思いをしないようにって。
ダルメシアンですかー♪ふふふ♪これからが楽しみですね♪
レオくんのいない寂しさは、まだまだ当分癒えないとは思いますが。
新たな光として、ダルちゃんが、笑顔を咲かせてくれますね。

レオさんとダルちゃんのこれからが、笑顔満開でありますように。
レオくんがお空でハッピーでありますように。

ブログ始めたら教えてくださいねー♪
Posted by ほっちゃん at 2016年12月06日 15:11
紹介


日本語の起源

言霊百神

http://futomani.jp

Posted by コトタマ at 2017年03月01日 00:36
ご無沙汰しております。
うちのシェパードを見送る前後、書き込みをさせて頂いた者です。
うちもあれから半年経ちました。
ブラッシングの時にふわふわの毛が出ますけど、あれをカラスが欲しがって良く持っていったそうです。
今、犬はいませんが、親父を見てカラスが貰いに来た、と先日話していました。
(脱脂綿を上げたら持ち帰らず、古い布団の綿だと持っていきましたw)
家に近づかなかった野良猫が良く出入りする様にもなっています。
何より普段意識せずに構っていたのか、何だか頼りないですね。
しばらくは野良猫いじっておきますが、また何か迎えたいですね。
Posted by かす at 2017年05月23日 11:06
かすさん

お返事遅くなり、失礼いたしました。
早いものですね〜ほんとに。
カラスの思い出の中にも生きてるんですね☆
何の気なしに一緒に過ごしていた日常が、一番あったかい思い出ですよね。
いつかいいご縁に恵まれることを願っております。
Posted by ほっちゃん at 2017年06月20日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック