若かりしオーブもモデルしてます探してみてね目 とってもおしゃれなドッググッズshopですひらめき

2017年06月20日

魔法使いオーブ

今日はオーブのお誕生日

オーブがいない、二回目のお誕生日ですが。

今でも、とってもとっても大切な日大好きな日

おーちゃん、今日くらいは、ごちそう食べに帰っておいで

IMG_5731.JPG


今日は、久々にPCに向かう気になったので。


魔法使いオーブのお話を


生前から、私の願いをたくさん叶えてくれたり、何度もオーブに救われてきた私ですが。

オーブが天使になってから、より一層心強く、守られている気がします


「オーブが守ってくれている」そう強く確信した出来事のお話


オーブの一周忌を一か月後に控えた、昨年9月のこと。

二度目の妊娠が判明したのでした

実は私は、2014年の6月に一度流産しており、その後はオーブの介護もあり、子供どころではありませんでしたが。

オーブを見送り、ニコも落ち着いたころに宿ってくれた命に、感謝と感激と・・・少しの不安と。


喜びもつかの間、2回目の検診で早くも、雲行きが怪しいと・・・


そんなはずなぃと、病院を変え、主人にも付き添ってもらい、何度も検診に通うも・・・

「育っていない・・・残念だけど・・・」

2度目の「流産宣告」でした


妊娠判明から、約1か月・・・喜び、不安、希望・・・抱えきれない想いを、家族が一緒に支えてくれました


前回と違ったのは、育ってる実感もないものの、流産の兆候がまるでなかったこと。

腹痛や出血もなく、「だめなんだ」ってことを、実感できないまま。

前回は、自然流産でしたが、今回は、私の大嫌いな「オペ」「入院」

手術の日取りは、幸いにも、オーブの一周忌の10月15日は家で迎えることができるように、週明けの17日と決まりました。


日が近づくにつれ、流産の恐怖に加え、簡単とはいえ、病院嫌いの私がオペということで、恐怖は倍増


前日までは、やけくそで、「オペの保険金で、気晴らし旅行行くもん」と、なんとか耐えていたのですが・・・。

数時間後に控えたオペへの恐怖に耐えかねた私・・・。


「困った時のオーブ頼み


「オーちゃん、帰ってきてるでしょ〜お願いなんとかオペ回避したいよ〜助けて〜


夜、眠りにつく前に、お願いしまくった私。とはいえ、安定してる体調、出血も痛みもなし。


しかぁし、なんと、なんとなんとっ


お願いしてから、3時間後の、夜中の3時。

お腹と腰の激痛で、目覚め・・・おや、前回同様、これやばいや〜つ


結構な出血と、意識遠くなる痛み・・・まさか?

2時間ほど耐えて落ち着きましたが・・・。


むむむ?とな


朝、予定通り、病院へ向かい、診てもらうと。

「う〜ん、もういないよ、ほぼ完全流産だね、オペしなくていいよ」とな


流産の悲しみは、ひとまず置いておいて・・・

オーブのすごさに、笑っちゃいました

ぎりぎりセーフで、願いを叶えてくれたよと

オーブ以外の何ものでもないじゃんと。


IMG_6019.JPG


私のことはなんでも知っているオーブ。


「痛い」「病院」「注射」「入院」怖いの大嫌いなの知ってるから。


私が悲しみのどん底でも、少しでも希望が見えるようにって、ね。


わかりやすく、「あたちが、いつもそばにいるよ」って、教えてくれたね


私にとって、2度目の「一番つらい日」を、少しだけ、幸せな気持ちで思い出せるようにと。


オーブが魔法を使って、私を助けてくれた日となりました。


オーブは、「大丈夫、あたちが天使になったんだから、何も怖くないよ」と、教えてくれました


IMG_8212.JPG


ただの偶然とも、私の脳が・・・とも取れる出来事かもしれませんが。

私たち家族にとっては、まぎれもなく、オーブと赤ちゃんたちが、私への愛を表してくれた出来事なのでした


本当に、オーブは、どこまでもどこまでも、私を支えてくれてるんだなぁ〜



オーブの愛は、どこまでも深い・・・

生前も、天使になってからも・・・変わらない大きな愛を感じている毎日で



オーブがいない、2回目のバースデーだけど。

さっき、うろついてる気がしたよ


今日は、オーブのために、朝からホットケーキとプリンを作ったよ


夜は、お肉焼いてあげるから、ピーピーお鼻慣らして、くださいなって言うんだよ



まだまだたくさんお空で遊んできていいから・・・

今日くらいは、我が家で、みんなでゆっくりしようよ


おかえり、オーブ

お誕生日、おめでとぉ

IMG_5921.JPG




にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村
posted by ほっちゃん at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする